スマホゲームのユーザーに中高年層が増えている理由

中高年層スマホゲームユーザー増加!理由がしみるサイト

ついこの手が

スペースインベーダーしていて、補導される中学生。
同級生がパトカーに乗せられるなんて、一大センセーション。
10年後には、スーパーマリオブラザーズのファミコンのメロディーが、リフレイン。
流行ったゲームとともに、バブルは刻々と。
形を変え、今やゲームはスマホで。
捕獲ゲームで、中高年にも運動の機会を与えて、散歩の口実になんて、少し虚しすぎるけど。
ヤンママと呼ばれ続けた末路、早々に、孫と一緒にゲームできるのも、魅力的です。
脳トレにもなって最高。
パズルゲームやシュミレーションゲームなど、進化版も多い。
実際スマホゲームには課金層と非課金層があります。
時間のある人には非課金層が多く、時間をたっぷりかけてゲームを進めていきます。
対して課金層は忙しさからか、あまり自由な時間がない人に多い印象です。
そのため、ゲームの攻略を有利に進める目的で課金することが多いのだそうです。
ストーリー進行には「スタミナ」のように現実時間の進行でしか回復しない消費データがあります。
これが溜まりきるまで待つのは、攻略上、時間のないユーザーにとっては大きなハードルとなります。
課金すればこうした消費スタミナをすぐに回復し、レアキャラを連れてストーリを進められるようになるのです。
誰もが欲しがる稀少なキャラを「レアキャラ」と呼びますが、これをゲットするのにも貴重なアイテムを消費することになります。
課金層はこうしたアイテムをお金で買い、遊ぶ時間が少ない不利を覆してゲームを楽しんでいるのです。